1400字制限

最近の記事のほとんどが1400字を超えているのでタイトル無視も甚だしいが1400字「以下」に制限するとは言っていない

シン・何もしてないのにパソコンが壊れた

勢い余って日記を二連続投稿してしまったが、僕が書くべきものは日記ではなく仕事の原稿(小説および漫画原作)なのである。というわけで今回は「日記を書いている場合ではない」という日記を書く。森見登美彦の「美女と竹林」は登美彦氏が竹林に行って竹を刈るエッセイなのだが、そのエッセイの締切が近いせいで竹を刈りにいく暇がないという本末転倒に陥っておりあまりに馬鹿らしいのでぜひ読んで欲しい。僕の日記も大体そういうかんじであり、つまり僕は本末転倒ぶりにおいては森見登美彦と同レベルということになる。せっかくなら小説の売上も同レベルに達してみたいものである。しかしどれだけ有名作家との類似性を見いだしたところで原稿を書かないことには本が出ないし本は出なければ売れない。先物取引みたいにまだ出てない本が売れないものだろうか、と書こうと思ったけど先物取引がなんなのかを知らない(ナニワ金融道で教頭先生が破産した金融商品、というイメージしかない)。たしかにクラウドファンディング的にまず金を集めてから原稿執筆をはじめるというのは一つのビジネスとしてありうるが、そもそも「労働は非日常」と言ってのける人間がビジネスモデルを書いても仕方ないのである。まじめな話をすると、どうにか Android 上で長文を打てる体制は確立したものの問題があって、僕はふだん「オートマン」の原作原稿をPDFで編集部に送ってるのだが、このPDFは LaTeX で書いてるのである(理工系出身者にありがち)。あとの問題は説明する必要もないでしょうから省きますね。もちろん実際的なことを言えば草稿を Android で書いてあとで iMacLaTeX に整形すればなんも問題ないのだが、そもそも「家だと仕事ができない、外出先でないと」とか妙なことを言い出す人間が草稿作業と清書作業を分離するような器用なことができると思いますか貴方? 要するにこういう「仕事ができない言い訳」が無限に思いつくのでこうやって無限に日記が生産できてしまうわけだ。どうもおかしい。実家から石油がジャンジャン出る人間は石油を売って生計を立てるべきだし、温泉が出る人間は温泉を売るべきである。ならば言い訳が出る人間は言い訳を売るべきではないのか? しかしそこは経済学における需要と供給の法則というものがあり、言い訳なんてものは山ほど供給されるが誰も需要しないので価格は Zenkin 的にゼロになるとアダム・スミスというあまりに平凡な名前を持つ非凡な天才が言っている。「漸近」の漢字変換ができないけど大丈夫か ATOK。そういえば「オートマン」は登場人物の名前が変換しづらいと苦情を言われたことはないのだがおそらく関係者みんな思ってるだろうし僕自身でさえ思っているしこうやって新しい環境で原稿をしようと思ったらまず辞書登録から始めなければいけないので無限に出る言い訳がまたひとつ増える。しかし僕はペンネームを見ればわかるようにめんどくさい漢字が大好きなのでこれについては後悔はしていないのである。ぐだぐだ書いているうちに気がついたらキーボードに移った正露丸の臭い(※2つ前の日記参照)が指にまで移ってきた。なるほどこれが「キーボードが手になじむ」ということだな。というわけでそろそろ仕事を始めることにしよう。

続・何もしてないのにパソコンが壊れた

【前回までのあらすじ】MacBook が壊れたのでスマートフォンBluetooth キーボードで原稿を書くことにした……

さっそく問題が発生した。画面が小さいので資料を見ながら原稿を書くということができない。それどころか自分の書いた原稿も数百文字くらいしか見えない。これでは先ほど投稿したような何も考えない即興日記を書くことしかできない。それで仕事が成立するのであろうか? 世の中にはそういうタイプの作家もいるらしいしもしそういう事ができれば原稿の生産性がだいぶ上がりそうな気がするしそれはとても嬉しい。小説家という仕事の難儀な点は執筆速度が露骨に収入に効いてくることである。会社員が2倍の速度で仕事をしても同僚の仕事が回ってくるだけだし、研究職が2倍の仕事をするとまあ出世はしやすいが給料が2倍になったりしない。しかし小説家が2倍の原稿を書いて2倍の本を出すと本当に印税が2倍になるので困ったものである。僕は去年の7月に「未来職安」を上梓してもうすぐ1年が経つがいまだに新刊の出る気配がない。漫画原作で「オートマン」をやってるせいもあるがこちらも僕のせいで頻繁に休載していて作画の中村さんには本当に申し訳ないと思っている。原稿が進まない理由というのはまあそんなに難しい話ではなくて書いている途中に「これはあんまり面白くないのではないか」と思ってしまうからであり、こう小さい画面で書いていればそういう余計なことを考える暇がないので生産性は上がるのではないだろうか? 原稿について時間をかけて考えることを「余計なこと」呼ばわりとは何事か、と思うかもしれないけれど僕の場合はこれは余計なことと言って差し支えない。なにしろ原稿が進まない時って別に原稿について考えているわけじゃなくて「原稿が進まない」ということしか考えてないのだから。さっきの日記で「外出先でないと原稿が書けない」と言ったがこれはそういうノイズを軽減するための手法のひとつである。外のほうが音声的なノイズは多いけど、そのせいでかえって余計なことを考える脳の部位が抑制されるのである。しかしその日その日でちょうどいい抑制が発生する店が異なるので、アタリが出るまであちこち飲食店を渡り歩きながら420円のコーヒー代を払っているのでこれは結構な出費になる(420円という数字でピンとくる人がいるかもしれないがコメダ珈琲であることが多い)。今思ったんだけどこの費用って経費として処理できるんじゃないか?「レシートいりません」と言った回数分の後悔の念が押し寄せてきたがとにかくそういうことを考えている場合ではないのである。うまいこと自宅で作業する環境を構築できればコーヒー代もスーパーで買ってくる10パック300円くらいのやつで済むし iMac もある。つまり「外出先で得られるような感じ」を自宅で再現すればいいのである。どうするか? YouTube でカフェの音声みたいなのがあるので流してみたけどなんか違う。ただ音が鳴っているだけでは足りないらしい。なんだろう。風景? 空気感とか? VR とかで原稿書いてみたら何か変わるんだろうか。そういえば最近 Oculus Quest とかいうのが発売されていたな。Quest って英単語をドラクエおよびそのパロディ以外で聞くの初めてな気がする。あと Twitter も一応ふつうの英単語だったらしいけど一般名詞として使われてるのを見たことないな。あ、ちなみに Python (ニシキヘビ)は生物の論文で見たことあります。そんな話をしている場合ではないという気がしたが別に今はどんな話をしている場合でもないのである。

何もしてないのにパソコンが壊れた

誰かを楽しませるために書かれたフィクションと違って、現実世界の物事は意味もなければ伏線もない。罪があっても報いはなく、銃があっても発射されない。「この戦争が終わったら結婚するんだ」と言ってたやつが本当に結婚したりするし、何もしてないのにパソコンが壊れたりする。これは結構困る。なぜなら僕は原稿を書かなければならないからだ。3年使っている MacBook が起動しなくなってしまった。自宅には据え置きの iMac があるので日常の生活にはそれほど困らないのだが、僕はいわゆる外出先でないと原稿が書けないタイプなので、持ち歩きのできる機械がないと仕事ができなくなってしまう。仕事ができないのに「日常の生活にはそれほど困らない」というのは僕にとって仕事は非日常だからであるがその話は本題とは関係ない。とにかく MacBook は修理に出すとして、それまで何で原稿を書けばいいのかという話である。調べてみると欧米には iMac を持ち歩いてスタバで作業をする人間もいるらしい。公式サイトによると27型 iMac の重量は9.42kgとある。冬山登山をするときはそれ以上重いザックをかついで何時間も坂を登るわけだから、そのくらい出来ない道理はない。しかし問題は電源である。ご存知のとおり据え置きのPCというものはバッテリーを備えていない。備えていればUPS代わりになると思うのだが、価格の上昇のほうが気になるのだろう。つまり外出先で電源を確保しなければならずこれが面倒だ。冬山登山のごとき荷物を抱えて近所のスタバに入ってコンセントがないから撤退して辛酸をなめるのはなるべく避けたい。「辛酸をなめる」というのはスタバ的ではない。そもそもたかだか原稿を書く作業に macOS は必要ないのである。キーボードと画面とそれなりの日本語入力機能ついておれば宜しい。となれば手持ちのスマートフョーンかタブレットBluetooth キーボードをつければよい。さっそく家の蔵(押入の比喩的表現)からロジクールの key-to-go キーボードを引っ張り出す。ロジクールって英語綴りが logi なのにローマ字入力が rozi で全然違うのでカタカナ入力するたびに憤死しそうになる。とにかくキーボードである。表面がゴムだかウレタンだかのカバーで被われているので直接かばんに突っ込めるのは大変ありがたいが、薬箱とおなじ箱に入れっぱなしにしておいたせいで全体的に正露丸の臭いがする。締切前で胃が痛むときに多少の効果がありそうだ。しかし数年間使っていなかったので当然電池はカラである。micro-USB の端子が見えるので普段 Kindle Paperwhite で使っているケーブルに差し込む。数年前までは全部 micro-USB だったのだが今は USB-C が出てきて不統一でめんどっちい時期である。なにやら iPad Pro が USB-C に移行したらしいが僕が持ってる iPad は旧型なので lightning とかいうファッキン独自規格で出張のたびに持って行くケーブルが1本増える。ちなみにスマートフョーンは Android で USB-C なので MacBook と併用できるのだが、だいたい宿泊先で両方いっぺんに充電するので結局ケーブルは2本必要である。しかし片方のケーブルが突如断線しても保険が効くという安心感はやはり大きい。そうこうしているうちにキーボードの充電が終わる。電源を入れてみるが Bluetooth 端末として認識してくれない。ネットの説明書を調べるとBluetoothボタンを長押ししろとある。した。接続できた。やった。さっそく iPadAndroid で色々と打ち試してみたが、iOS は漢字変換ではなく予測変換であるというのがいまいち具合がよくない(僕は予測不可能な言語ばかり書く)。昔買った ATOK の入っている Android のほうがいくらか具合がいいようなので暫定的にこちらを使うことにする。いずれにせよ慣れないキーボードで仕事の原稿を書くためにはそれなりの準備体操が必要であり、頭を使わずに適当な長文(日本語と英数が混じったテキストが望ましい)をタイピングすることにする。それがこの日記である。わざわざ最後まで読む人がいるとは思わなかった。

f:id:yubais:20190504215608j:plain

 

Unity 完全理解した

 

 

 

日曜日の朝に Kindle石黒正数の漫画を読んでいたら急にゲームを作りたくなったので Unity をダウンロードして作ってみた(ゲームの内容とは特に関係ないが石黒正数は最高である)。

作りたかったのは PC-98 時代の名作ゲーム「蟹味噌」みたいな単純なアクションゲーム。Unity のチュートリアルで玉転がしゲームがあるので、とりあえずこれを読んで基本操作を学習する。した。

 

unity3d.com

このチュートリアルは矢印キーを押すことでXZ方向の加速度が発生するだけの簡単な操作だが、これだけだと平面的で面白くないのでジャンプを追加する。床との接触判定がある時にスペースキーを押すとY方向の速度が発生する(ここは瞬発的な力であるため加速度ではなく速度)。あとジャンプの際に平面速度を半分にする。つまりジャンプがブレーキの代わりになる。マリオで氷の床が滑るときにジャンプで止まるのと同じ原理。

次に敵機の赤玉を作る。これは単純に青玉に向かってくるだけで、力のベクトルは自機-敵機間のベクトルの定数倍である。つまり遠くにいる程加速する。ただしベクトルの向きが乱数で±30度の範囲でブレる。各瞬間で別々の向きにブレるので平均化するとそこまでブレない。

あとは落ちた球体が消える処理だけ作れば完成。1日で出来た。WebGL でビルドしてPCブラウザで動かせるようにする。(キーボードがあればモバイルブラウザでも一応動くらしい)

「蟹湯葉https://yubais.net/game/KaniYuba/

f:id:yubais:20190416183929p:plain

この時点での不満点

  • 自機・敵機ともに制動力が弱いので、操作性が非常に悪く、敵をぶつけて落とすよりも敵を自滅させるゲームになってる。
  • 残機やタイムなどの機能がない。
  • PCブラウザでしか遊べないので昔作った「人を馬鹿にしたブロック崩し」のようにバズらせて広告収入を得ることができない。

とりあえず残機については static 変数を使えばシーンをまたいだ変数が実装できるらしいので作る。残機の表示には UI Text を使う。このへんは JavaScript で DOM を操作するのと似たようなノリだ。GUI はひとつわかれば全部わかる。

操作性の問題については「加速力と減速力と空中加速力を別々にする」とか「進行方向ベクトルと入力方向ベクトルの内積をもとに加速度を設定する」とか色々やったんだが結局調整すべきパラメータが多すぎて脳が破綻した。

最終的に自機は「矢印を押したら加速」「地上でも空中でも同じ」「ただし常に速度が数%ずつ減る」という単純きわまりない設定にしたら何かいい感じになってしまった。何事も単純が正義。各ボールには質量・加速度・減速率の3つのパラメータが設定されている。

敵機の追従は「距離に比例」はさすがに非物理的なので止めて、加速度の絶対値はボールごとに一定にする。±30度のブレはそのまま。

「蟹湯葉2」https://yubais.net/game/KaniYuba2/

f:id:yubais:20190416185708p:plain

 

ここで新たな問題が浮上。「床に接触しているときはジャンプできる」という設定にしたが、床の上ではなく床の側面でもジャンプできてしまう。しかしこれは緊急回避的なギミックとして面白いのでそのまま残す。

次に、縦と横の加速度と摩擦を独立に設定しているので、斜めの加速が縦横よりも√2倍速くなってしまう。このため敵機には斜めからぶつかって落とすべしという物理法則の等方性を無視した結果になってしまった。不満だが「単純が正義」と言ったばかりなので引っ込めるわけにもいかず放置。

あとはモバイルで遊べない点だが、Unity 自体は iOSAndroid 向けのバイナリを出力してくれるが公開手順がめんどいし、かといってブラウザ向けの WebGL 出力は現時点でモバイルブラウザに対応していないらしい(したとしても重すぎる)ので一旦諦める。ブラウザで気軽に遊べるミニゲームを作りたいなら Unity のようなシッカリしたエンジンよりも PlayCanvas とかそれ用のを使う方がいいのだろうか?

playcanvas.jp

とりあえず Unity の操作を覚えたので将来何か思いついた時にサッと取り組むことができるだろう。あとはアイデアが降ってくるまで寝て待つ(本業に戻る)。

 

※タイトルの「完全理解した」は「チュートリアルを完了した」を意味する界隈の隠語。

HHKB の清掃

普段使っているキーボードは PFUHappy Hacking Keyboard の無刻印モデルである。

Happy Hacking Keyboard Professional2 Type-S 白/無刻印(英語配列) PD-KB400WNS

Happy Hacking Keyboard Professional2 Type-S 白/無刻印(英語配列) PD-KB400WNS

 

 無刻印モデルを使っているのは、単純に刻印というものが美しくないからである。僕はなぜ外のメーカーが無刻印を出さないのか理解できない。鍵盤に「ドレミ」と書かれたピアノを誰が買うだろうか? 小学生向けの練習用ならともかく。毎日使うものであればそのくらいの美意識はあっていい。

 

というわけで本機を5年ほど使ってきたのだが、いかに美しい無刻印であっても5年分のホコリと手垢が溜まると汚い。掃除をする。

まず Amazonキートップを外すための器具を買う。 435円で「あわせ買い対象商品」なので、送料無料にするためには合計2000円以上注文する必要がある。適当に本でも買うと良い。

 

翌日届く。さっそくキーを外す。とりあえず左端の ESC〜Shift キーを外してみる。

f:id:yubais:20190403221724j:plain

 うわっ、髪の毛が出てきた。めげずに作業を続ける。

 

 

 

 

f:id:yubais:20190403221931j:plain

全部外れた。無刻印なのでキートップが入れ替わっても問題ない気がするが、なんとなく悪影響が出そうなので順番は保存しておく。この段階で注意するべきことはスペースキーに金属のバネがついている事で、清掃作業中にこの部品を紛失する危険性がある。

(しそうになった) 

 

 

 

f:id:yubais:20190403222131j:plain

まずこの基盤を掃除する。精密機器なので水拭きは避けて無水エタノールを使う。と思ったが自宅にあったのは消毒用の80%エタノールだった。20%ほど水が含まれている。まあいいや。キー間の細い溝にエタノールで濡らした綿棒を突っ込んでいく。すごい勢いで綿棒が真っ黒になった。

 

 

 

f:id:yubais:20190403222500j:plain

あとはキートップを1個1個ていねいにキムワイプで拭いて、手垢とホコリを落としていく。80%とはいえエタノールなのですぐ乾く。キーを順番にぽこぽこ嵌め込んでいく作業は実に楽しい。「無限プチプチ」があるのだから「無限HHKBキートップはめ」があってもよい。

 

 

 

f:id:yubais:20190403222918j:plain

Before - After はご覧の通りである。劇的に美しくなったが、凝視するとまだ薄っすらと手垢がついている。メラミンスポンジとか使えばもっと綺麗になるのだろうか。それは来年のお楽しみということにする。

 

 

 

キーボードが美しくなったのでこれで明日から美しい原稿が書けるに違いあるまい。

科学に国境はないが科学者には任期がある

大学をやめた。これはいわゆる退職エントリである。天皇陛下も来月退位なさるわけだし、明治天皇崩御にあわせて「殉死」をとげた乃木大将のごとく我々も職を辞して「殉職」をするべきである。と思ったけど殉職も死ぬやつだからダメだな。なんて言うんだこの場合。

のっけから日本語力の不足を露呈してしまったが、僕は小説家である。2016年に『横浜駅SF』という小説をWeb投稿したらバズって書籍化して、そのあと『重力アルケミック』とか『未来職安』という単行本を出した。今年も長編新作が出る予定。あと漫画原作者として『オートマン』というのを連載して2巻がもうすぐ出る。小説雑誌に短編もいくつか出してる。Web出身作家としてはまあまあ上手くいっている部類だと思う。

で、「本業は研究職です」ということをあちこちで言っていたが、ご存知のとおり今どき大学の研究職は多くが任期付き(契約社員のようなもの)であり、今回その任期が切れたので退職した。新しいポストを探す実績も気力もなかった。すると残ってるのは小説家だけなので、専業作家になった。

専業作家というと「ペン1本で食っていくという野望を叶えた人」と思われがちだが、経緯を考えると僕はそんな立派なものではない。「できちゃった結婚」的なものなので「なっちゃった作家」とでも言うべきか。「なろう作家」の派生形だ。(僕が投稿したのはカクヨムだが)

そういうわけなので別に「これから一生作家業で食っていくぞウオオオ」といった覚悟はまるでない。貯金は結構あるし仕事もしばらくは続きそうだけど、いずれネタが切れそうな気がするし、僕より先に出版社の体力が切れる気もするし、現代人の倫理に反する小説を書いて業界を干されるかもしれないし、政変がおきて中国なみの言論統制国家になるかもしれないし、単純に小説という行為に飽きるかもしれない。不安はカボチャより種が多いので、原稿のかたわら他の食い扶持を考えるつもりである。

ただ研究職でずっと食って行きたかったわけでもない。もし小説家業がなかったとしても、10年後くらいには研究をやめていた気がする。「なんか疲れた」とか言って。僕は根本的にそういう人間である。

つまり仕事をしたくないのである。人間が食っていくために労働をしなければならないというのは明らかに憲法で定められた基本的人権の侵害であるし、2019年にもなってこの問題を技術的に解決できないというのは科学者の怠慢というほかない。しかし自分がまさにその怠慢な科学者そのものだったので非難できた立場はない。

考えるのがめんどくさくなったので、とりあえず2つある仕事を1つにしてみた。たまった積読を消化しながら、ゆっくり人生について考えようと思う。まあ積読は読むと増えるんだけど。

それでは皆さん、良いエイプリルフールを。

カラオケに対する所感

仕事(オートマン17話原作。この話までが単行本2巻に載る)が終わったので、メンタル回復のためにちゃんとした休日を1日とる。「スパイダーマン」のアニメ映画を見る。2時間映画としては登場人物が多すぎる気がするが、映像表現は流石といったかんじ。映画館のそばのカフェで三島由紀夫『青の時代』を読む。読み終わったのでカラオケに行く。以下、カラオケに対する所感。

 

ワンドリンクではなくドリンクバーだった。素晴らしい。複数人ならともかくひとりで歌ってる途中に店員が飲み物を持って来るのは正直嫌だ。「なっちゃん」を飲む。柑橘類の本来の味を侮辱するような過剰な甘さが心地よい。

液晶画面のほかにプロジェクターがあった。スクリーンとの距離が極めて近い短焦点だ。いらないのでOFFにした。

とりあえずマイクも伴奏も音量が大きすぎて耳が痛くなる。爆音は映画館だけで満足だ。下げる。

ひとりで来てもマイクは2本。デンモク2台ある。テーブルに2台並べれば肩が開くので人間工学的に良い。カラオケが久々すぎてフルカラーかつ指でスワイプできるデンモクに驚く。

歌手検索で「スピッツ」を入れると200曲くらい出てくる。草野マサムネは自分が作った曲をそらで幾つ言えるんだろうか。五十音順に歌いやすそうなやつを入れていく。

うっかり原曲キーではない音程で歌いそうになる。なんで違うキーがデフォルトになってるんだ。原曲を尊重しろ。一般的な人類の音域を考慮するな。

デンモクに「リモコン」というボタンがあって、音量やキーの調整をここで行うのだが、冷静に考えるとデンモク自体がリモコンである。「まだデンモクが無かった時代のリモコンに備わっていた機能」のことをリモコンと呼んでいるらしい。こういう歴史的経緯による不合理性というのは仕事以外で遭遇する分には情緒があって良い。仕事で遭遇したら殴りたくなる。

カラオケの宿命的な問題だが、イントロが無い曲は歌い出しが難しい。今回使った機種(機種名忘れた)では移動ドの音が最初に何度か鳴る。最初の音ではなく移動ドである理由がよくわからない。

採点機能があるのでずっとONにしていたけど、何を歌ってもだいたい同じ点が出るので再現性は高い。「音程」「リズム」が高得点だが「表現力」が低い。機械ごときにおれの歌唱表現を評価されるのが気に入らない。ときどき「心に染み入る歌声です」といったコメントが出てくるんだがお前心あんのかよ。

採点機能が「しゃくり」とか「コブシ」とかいったものを機械的に判定してカウントする。「フォール」の意味がよくわからない。多けりゃいいという訳でもない気がするがそのへんを機械がどう考えているのかは知らん。

1時間もするとだんだんマイクを持つ手が重くなってくる。なんでカラオケにはマイクスタンドが無いんだ。タンバリンは要らんからマイクスタンドを置け。あとテーブルがでかすぎて邪魔。

90分で680円だったのだが、歌い足りないので1時間延長。700円を追徴課税される。いったん出て入り直したほうが安いのではないか。店員が部屋に請求しに来るので上述したドリンクバーの利点が帳消しになってしまう。これは時間設定を見誤った僕の責任だ。久々なので仕方ない。

背景映像のパターンが少ないので「あっこのジーンズ白Tシャツ男さっきも見たな」となる。僕の友人は鉄オタが多いので線路が出るとすぐに駅名を特定したがるが今回はひとりなのでそういう事はない。

シングル曲の幾つかは本人映像(つまりMV)が出るので、ジーンズ白Tシャツで匿名的な役者を見飽きてきたらそちらを歌う。

www.youtube.com

バスの揺れ方で人生の意味が解かった日曜日

歌詞が最高だ。最近人生の意味がよくわからないのはバスに乗ってないせいだ。日曜日でないからかもしれない。

古い曲なのでMVも4:3であり、現代の16:9の画面では両脇がだいぶ余る。こういう時代感もとても良い。しかしMVが本人でも音が生音とは限らず、スピッツの動画からスピッツでない音が出てくるので妙な気分になる。

150分経った時点でまだ10曲くらい予約していたのだが再延長すると自己制御能力がないアホだと思われそうなのですごすご帰る。スピッツしか歌ってない。

 

 

後から調べてみると「デンモク」は登録商標であり機種ごとに違う名称があるらしいが、そんなことは消費者であるおれは知らん。ゲーム機は全部ファミコンであり携帯音楽プレイヤーは全部ウォークマンでありトイレで水を噴射するやつはウォシュレットである。