1400字制限

「その情報量は Twitter のなんと10倍... つまり人類はすべて平等に無価値ということだ」

「ツッコミ不在のお笑い」としてのSF

SFの本質についての話をしたいと思います。嘘です。わざわざ火薬庫でタバコを吸うような真似はしません。少しマイルドにして、私がSF小説を書くときの指針について話したいと思います。ひとことで言うならばそれは「ツッコミ不在」です。

私は福島県生まれで、幼少期より大量の納豆を食べて育ったので、大阪人とは話が合いません。嘘です。そんなエビデンスは無い。とにかく、大阪には漫才文化があります。相手が何かしらおかしい事、つまりボケを言って、それに「なんでやねん」とツッコミを入れる、そういうコミュニケーションの形態があるわけです。

そこに私のようにやたらと込み入ったボケをする人間がいると「どう突っ込んでええのかわからん」と苦情を言われます。でも私は別にツッコミがほしいわけではなく、もっと言えばコミュニケーションをしたい訳でもないのです。ただ思いついた事を喋っているだけなのです。人として問題がある気がしますが、その話は脇に置きます。

お笑いにおけるツッコミの役割は、言うなれば「識別」です。「こいつの話はこの点がおかしい。つまりここは笑うところですよ」という事を観客に示すわけです。しかし私はどうもその形態が肌に合わない。笑うか笑わないかは、観客が勝手に決めていいのではないか? と思います。とはいえ私がひとりで変なタイミングで笑ったりすると場が白けてしまうので、観劇の場においてはやはりツッコミという誘導係が必要なのです。

さて、フィクション世界でも「ツッコミ役」というのは存在します。ボケ役の登場人物が何かおかしな言動をして「それはおかしいだろ」と言う係。「すごいよ!マサルさん」におけるフーミンです。

しかし正直なところ、私はこの「ツッコミ役」というのがどうも好きになれないのです。漫才ならともかくフィクション世界におけるボケ役は、どうも彼らなりの正当性あるいは論理に基づいて、真剣に行動しているように見えるのです。他人が真剣にやってるのに、なぜそれを「ボケ」とみなすのか。大阪のノリから言えば「ボケ」は別に悪口ではないのでしょうけれど、納豆ばかり食べて育った私にはどうもそれがピンと来ない。

これはいわば歴史モノにおける「現代人の代弁者」に似ています。幕末や太平洋戦争を扱ったドラマに、やたらと「藩同士で争っていないで日本がひとつにならねば」とか「この戦争は日本が負ける」とか物知り顔で言う人間がいたりします。確かに現代人の視点から見ればそうですし、感情移入のしやすいキャラクターなのですが、それを当時の人間が言っちゃダメでしょ、と思うわけです。

私がSFを書くときの指針がそれで、この世界にはとんでもなくおかしい物が出てきますが、それを作中のキャラクターが「おかしい」と言ってはいけない。感情移入させてはいけない。

徹底的にツッコミを排除して、おかしい人、おかしい出来事、おかしい世界をそのままに、ありのままに提示してほしい、と思うわけです。それが現実世界に住む人間からすれば、ものすごく笑えるコメディかもしれないし、ひどく陰湿な闇かもしれない。でも、彼ら自身はまったく真剣にやっているのだから、「こいつらはボケですよ」などと茶化さないでほしいのです。

「違法コピーがダメなら中古本もダメじゃね?」という意見について

書籍の違法アップロードが話題になるたびによく「作者に金が払われないという点では中古本も一緒じゃね?」という人がいるそうなので、どう違うのかについて私の意見を述べます。

結論を書くと、現行の出版業では「原稿をコピーした回数」で作家の収入が決まるので、コピーしていない古本屋はOKでコピーしている違法サイトはダメという事です。

 

もう少し丁寧に話しましょう。まず電子書籍には中古本がないので話から除外し、

  • 物理書籍をブックオフやメルカリなどの中古市場で売買する
  • 物理書籍をスキャンして、違法サイトにアップロード・ダウンロードする

この2点の比較を行います。「違法だからダメなんだよ」と言うと話が終わっちゃうので、どういう制度が望ましいか、という話をします。

まずそもそも「作家に金が入る」とはどういう事なのかですが、漫画や小説を出すと「何冊売れたか」ではなく「何部印刷したか」に応じて印税が支払われます。*1

たとえば1000円の単行本を1万部刷った場合、それが1万部完売した場合でも、不幸にも9割返本された場合でも、作家は印刷した1万部×1000円の10%、つまり100万円がもらえるという制度になっています*2。発売日の翌月末に支払われる事が多いです。

つまり物理書籍の出版は、原稿をコピーした数だけ作者に金が入るというルールになっています。したがって、ブックオフやメルカリは本をコピーしているわけではないので、作者に金が払われる道理はないわけです。

一方、違法サイトにアップロードすると、電子データが大量にダウンロードされコピーされますので、本来作家に支払われるべき印税が払われていない事になります。よってルールの一貫性という観点からすると、中古本はOKで違法サイトはダメという事なります。

 

さて、この「印刷部数に応じて印税が入る」というルールは作家にとってたいへん重要です。なぜなら売れなくても印税がもらえるのです。

プロの作家というのは一度原稿に向かうと浮世の事は忘れて一心不乱に手を動かしている、と思ってる方もいるでしょうが、彼らも人間ですのでそんな訳もなく、「これ面白いのか?」「こんなの誰も買わないんじゃないか?」「おれの人生はこれでよかったのか?」と思って筆を折りそうになります。

しかし現行のシステムなら「本が出れば、売上はさておき初版印税はもらえる」となるので、ある程度先の見通しが立ちます。作家というのは地球上でいちばん「将来の見通し」に飢えている職業です。2番目はポスドクです*3

よく出版社不要論を主張する人がいますが、この「1冊書いた作家に幾らかの収入を保証する」という点だけでも存在価値は十分にあります。電子書籍中心の時代に移行しても、このような組織は必要であり続けるでしょう。それが出版社なのかどうかは知りませんが。

というわけで、作家のリスクヘッジ(および精神の保護)という観点から「コピー数に応じて印税を払う」というルールが望ましく、その必然的な流れとして「中古本はOKだけど違法コピーはダメ」という形になる、と私は思っています。

 

もちろんこれはひとつの観点であって、他にも「中古本は流通量に限りがあるが違法コピーは際限がない」とか「広い読者層にアプローチするための中古市場の必要性」とか「心情の問題」とか「出版社の立場」とか「にゃーん」とか「5000兆円」とか言うべき点が山ほどあるのですが、当ブログは1400字制限なので今日はここまで。

*1:実売部数に応じる場合もありますが、小説や漫画では今のところ少数派です。

*2:8%や6%のところもあると聞きますが、私はそういう仕事はしない。

*3:独自調査による。

サトウのごはん・かんのやゆべし・ 新年

「ぼくたち・わたしたちの無限の可能性」てなことを小学校の卒業式で復唱させられた記憶がある。たしかに小学生時点で人生の可能性は無限かもしれないが、あいにく実現は有限だ。大人になる過程で学ぶのは、人生のリソースは有限であり、それを各可能性に振り分けていかなければいけないという事だ。というわけで僕が人生から削ぎ落としてしまったものの一つに「料理スキル」がある。

朝食にサトウのごはんを食べる事が多い。炊飯器は持ってるのだが、朝に食べるためには前の晩にセットする必要がある。つまり前の晩に「明日の朝は何が食べたいか」を的確に予測しなければならない。これが僕にとってたいへんな難事だ。きちんとコメを洗って水につけて予約ボタンをセットして寝て、目が覚めてみるとマミーのパスタを茹でてレトルトのペペロンチーノをかけたくなる事がしばしばある。かといって炊きたてのご飯を冷凍庫に入れるという気概もない。仕方ないのでご飯にペペロンチーノをかけて食べたりしている。油とコメの相性が悪い。

そんな話を友人にすると「それじゃ料理の好きな人と結婚するしかないね」といった事を言われたのだが、僕の場合は「料理が下手」というよりも「食欲が下手」なので、ちゃんと料理をする人間からすればこれほど腹立たしい存在はない。「夕飯なにがいい?」「なんでもいい」「そういうのが一番困る」「じゃ○○」「作った」「やっぱり△△が食べたい」とか言って喧嘩になる様子が目に浮かぶ。生活上のパートナーを持つとしたら、おそらく自分同様に食欲処理が下手な人間と、適度に互いを制御しながら外食と買い食いだけで人生を紡いでいくほうが適している気がする。と思ったが冷静に考えると一人でいるのが一番適している。

大学進学以来ずっと一人暮らしなので、なんだかもう「複数人でひとつの家に住む」という事がよくわからなくなってきた。複数人で住むとなると風呂上がりに服を着る必要があるわけだが、そのところがもうわからない。人間に服が必要ならなぜ進化の過程で体毛を失ったのか、などと家族を説得しそうな気がする。先日、正月で帰省した際にも「こうも大勢の人間が一つの家でどうして暮らしていけるのだろう」と不思議に思った。自分もここで18年ほど育ったはずなのだが不思議に思った。

ところで僕の実家は福島県にある。福島県というところは銘菓がたいへん多い。それも観光客向けに作った土産用名物ではなく、地元民が普通にお茶請け等に消費していることは明記しておきたい。三万石の「ままどおる」や柏屋の「薄皮饅頭」あたりが有名だが、そのなかにかんのやの「ゆべし」というものがある。三角形の菓子を2つ並べて菱形状のパッケージに入っているため、先日郷里の友人と「開けたら2個食べなければならない。あれはリア充向けの菓子だ」「雪見だいふくはどうなんだ」「最近は1個だけ開けられるようなパックになっている」といった話をしたのだが、あとから考えるとあの場にいたほぼ全員が既婚者だったので「人間は何があっても非リア芸を続ける」という知見を正月早々得た。

そんな感じで2018年を迎えた。今年もよろしく。

小説稼業1年目終了

去年のクリスマスにデビュー作『横浜駅SF』が発売されたので、これで小説稼業1周年という事になる。単行本は3冊、小説雑誌の寄稿がいくつか。

小説家というのは5年続けば一人前らしいので、とりあえず0.2人前と言っていいだろう。重量でいうと足先から太もものあたりまでだ。「下半身だけは一人前の小説家」という言い方もできる。

1年続けて思ったことをメモ程度に書く。

■小説家は当たれば儲かる。

当たり前じゃねーかと思うかもしれないが、大学の研究職は当たっても儲からない。企業研究者ですら当たっても儲からないので中村修二が裁判をした事は有名。その点、小説家は当たったぶんだけダイレクトに儲かるので話が早い。

1年間の小説稼業で得た金額は研究職の年収よりもだいぶ多い。だいぶは2倍から10倍の間を指すと思ってほしい。つまり唐突に大学を追い出されても数年は何とかなる。今にも任期が切れそうな研究員としてはたいへんありがたい。

■複数出版社で仕事をすることが必要。

KADOKAWAからデビューした直後はそうでもなかったが、星海社から2冊目が出るとやたら他社からの仕事依頼が増えた。「2社目があるなら3社目もあるだろう」と判断されたらしい。集英社双葉社の雑誌で小説を書き、エッセイを他3社ほどに寄稿した。

実際にやってみると、出版社ごとに印税率や原稿料やその他の条件が驚くほど違った。大手ほど高いという訳でもなく、どういう基準なのかは不明。安い方に対し「○○社はこのくらいなんで、おたくも上がりませんかねえ」といった交渉をしたら結構上がった。出版社というのは作家を選べるので、対等に交渉するには作家も出版社を選べる必要がある。

ところで「出版社はもっと作家を育てるべき」という意見があるが、これは作家をフリーランスよりも出版社所属のサラリーマンに近い地位に置くべきという話だと思われる。このへんは個人の気質によるだろうが、僕はフリーランスの方が性に合ってるので「あの作家はうちが育てたんだからヨソでは書かせない」といった面倒な文化は出来ないでほしい。

電子書籍はあまりよくない。

読者としては気にならなかったが、書く側になってみると、デザイナーの方がせっかく面白く作ってくれた部分が電子書籍だとただのプレーンテキストになってしまったり、逆に紙でしか表現しようのない部分を無理に電子にしたせいでやたら読みづらくなったりしていた。

とくに小説などの文字ものはリフロー型になるので、改ページを利用したギミックが使えなくなるし、図版やイラストを入れてもどうもぎこちない。電子書籍の登場でむしろ表現の幅が狭まってしまったように感じる。

ついでに言えば、小説は電子書籍がそんなに売れない。漫画ほどには嵩張らないし、Kindle PW みたいな専用端末でないと読みづらい。

■現状で出版社に頼らない小説稼業は困難。

よく「はじめての同人誌です!」と数百部刷って全然売れず在庫と頭を抱える人がいるが、出版社は新人の小説を何千何万と刷ってその在庫リスクをまるごと抱えて、売れなくても刷った分の印税はくれる。現状で彼らに頼らない稼業は困難。電子小説も現状で期待するほどの規模では無い。特定の出版社が気に入らなければ、他社をあたるべきだろう。

 

以上。来年も小説家業を続けて0.4人前を目指す。

 

 

行政区の一覧

今日は友人と「熊本市の行政区はやたら無機質でSFっぽい」という話をしていて、その流れで全国の政令指定都市の行政区(および東京特別区)の一覧テキストファイルを作った。なんかシェルスクリプトで扱いやすいのがなかったので作った。データは2017/09/11時点のもので、変更にあわせて更新するつもりは無いのでよろしく。

札幌市(10):中央区,北区,東区,白石区,豊平区,南区,西区,厚別区,手稲区,清田区
仙台市(5):青葉区,宮城野区,若林区,太白区,泉区
さいたま市(10):西区,北区,大宮区,見沼区,中央区,桜区,浦和区,南区,緑区,岩槻区
千葉市(6):中央区,花見川区,稲毛区,若葉区,緑区,美浜区
東京(23):足立区,墨田区,荒川区,世田谷区,板橋区,台東区,江戸川区,千代田区,大田区,中央区,葛飾区,豊島区,北区,中野区,江東区,練馬区,品川区,文京区,渋谷区,港区,新宿区,目黒区,杉並区
横浜市(18):鶴見区,神奈川区,中区,保土ヶ谷区,磯子区,港北区,戸塚区,南区,西区,金沢区,港南区,旭区,緑区,瀬谷区,栄区,泉区,青葉区,都筑区
川崎市(7):川崎区,幸区,中原区,高津区,多摩区,宮前区,麻生区
相模原市(3):緑区,中央区,南区
新潟市(8):北区,東区,中央区,江南区,秋葉区,南区,西区,西蒲区
静岡市(3):葵区,駿河区,清水区
浜松市(7):中区,東区,西区,南区,北区,浜北区,天竜区
名古屋市(16):東区,西区,中区,南区,千種区,中村区,昭和区,熱田区,中川区,港区,北区,瑞穂区,守山区,緑区,名東区,天白区
京都市(11):上京区,下京区,左京区,中京区,東山区,右京区,伏見区,北区,南区,山科区,西京区
大阪市(24):淀川区,都島区,港区,福島区,平野区,東淀川区,東成区,東住吉区,西区,西淀川区,西成区,浪速区,天王寺区,鶴見区,中央区,大正区,住吉区,住之江区,城東区,此花区,北区,生野区,阿倍野区,旭区
堺市(7):堺区,中区,東区,西区,南区,北区,美原区
神戸市(9):東灘区,灘区,中央区,兵庫区,北区,長田区,須磨区,垂水区,西区
岡山市(4):北区,中区,東区,南区
広島市(8):中区,東区,南区,西区,安佐南区,安佐北区,安芸区,佐伯区
北九州市(7):門司区,若松区,戸畑区,小倉北区,小倉南区,八幡東区,八幡西区
福岡市(7):東区,博多区,中央区,南区,西区,城南区,早良区
熊本市(5):中央区,東区,西区,南区,北区

こうしてみると熊本は方角だけでやたら無機質なのに対し静岡は「葵・駿河・清水」と良いかんじの味を出しているとか、京都市は「上京・中京・下京・左京・右京」とやっぱり独自の世界を作ってるとか、横浜市神奈川区や神戸市→兵庫区みたいに県名への下克上を果たしている市があるとか、やたら色々なことが分かる。

方角だけの区がやたら多いので各種カウントしてみたら、

  • 北区 12
  • 東区 9
  • 西区 12
  • 南区 13
  • 中央区 10

というわけで日本には南区が一番多いらしい。なお私の知る限り、名古屋市民は南区の存在を忘れる傾向がある。

『横浜駅SF』書籍版2巻目が出るよ

昨年暮れに発売した小説『横浜駅SF』がなんか神奈川県を中心にずいぶん売れたらしく、このたび続編というか外伝というか、まあそんな感じの2巻目が出ることになった。 

横浜駅SF 全国版 (カドカワBOOKS)

横浜駅SF 全国版 (カドカワBOOKS)

 

この小説は漫画化も進行しており、そちらの1巻が同時発売することになった。 

横浜駅SF(1) (角川コミックス・エース)

横浜駅SF(1) (角川コミックス・エース)

 

 

ツイッター上の冗談として始めたのがこんな事になってしまって、いまいち気持ちの整理が追いつかない。知り合いに「なんでお前小説家になってんの? つーか早くあの論文書けよ」と何度も聞かれた。僕もよく分からない。話の流れで、としか言いようがない。どうやら人間は「話の流れ」で小説家になれるらしい。

もちろん、書籍化を前提としたWeb小説コンテストに応募して書籍になった訳だから、何かしら僕に「小説家になりたい」という意志があったのだろう。期間があまりに短くて覚えていないのだ。カクヨムに投稿したら、3日後に星海社の編集者が「これは絶対カドカワで書籍化しますよ、というわけでうちで新作出しませんか」と連絡が来て、ドタバタと小説家デビューが決まった。「なりたい」と思うヒマがなかった。

ちなみに星海社で書いた本がこれだ。

重力アルケミック (星海社FICTIONS)

重力アルケミック (星海社FICTIONS)

 

というわけで3冊の小説を出して、いま4冊目を書いている。比較すると研究者の仕事がろくに進んでない気がするが、小説を書く前からそうなので仕方ない。

小説は論文と違って書いた分がそのまま進捗になるので精神衛生に良いし、売上が収入に直結するのでモチベーションが維持しやすいし、何より日本語で書けるのがいい。将来が危ういのは小説家も研究者も似たようなものだ。なりたいと思う暇はなかったが、なって良かったとは思っている。

こないだアジアの某国に行ったら、書店に自国語の本がほとんどなくて、英語の本ばかりが並んでいた。こういう国に生まれていたら僕は小説家になれなかったのだろう。もう10年早く書いていたら、ネットで話題になったかもしれないが、本にはならなかっただろう。そういった意味で色々なものに恵まれている。

様々なものに感謝しなければならない。編集者とか読者とか、出版社とか書店とか、社会とか時代とか。様々すぎて全体像がつかめないので、手近な代表者としてキリスト教の神に感謝することにしている。アーメン。

 

「地元ネタ」に関する私論 なぜ埼玉が最強なのか

カドカワBOOKSから『横浜駅SF』という小説を発売して20日ほどが過ぎた。横浜市を中心に極めて地理的に偏ったヒットを飛ばし、一部書店(有隣堂とか)ではハリー・ポッターの新刊を超える売れ行きを記録し、その週のうちに緊急重版が決まった。

横浜駅SF (カドカワBOOKS)

横浜駅SF (カドカワBOOKS)

 

 これはいわば「地元ネタ小説」である。「横浜駅の改築工事が終わらない」という地元で有名な話をネタに、「改築を繰り返す横浜駅がついに自己増殖の能力を獲得し、本州を覆い尽くした未来の日本」を舞台にしたSF小説だ。物語の舞台は横浜市内というわけではなく、むしろ山梨とか長野とか北海道とか九州とか四国、要するに日本全国である。

私はべつに横浜市に特別縁があるわけではない。ただ旅行が趣味で、全国各地の「地元ネタ」を収集するのを人生の喜びとしている。本作はそのような著者の趣味の集大成を「横浜駅」を起点として語ったものである。

ところで「地元ネタ」と言えば魔夜峰央の『翔んで埼玉』が有名である。この作品自体は1982年の初出であるにもかかわらず、近年SNSで話題になり、単行本化されたものだ。

このような「地元ネタ」が注目されるようになったのは、インターネットの普及により嗜好の多様化により、消費者が個別化されたコンテンツを求めるようになった結果と言えるだろう。インターネット時代は地元ネタ時代である。「国民的ヒット」が望めない時代になったので、県民的ヒット、市民的ヒットといった小さい範囲を狙って着実に売上を出す戦略が有効になったというわけだ。

ただ地元ネタならなんでも良いというわけではない。地元ネタというのは必然的に読者を限定するため、商売でやる以上は「市場規模」と「地元意識」の兼ね合いを常に計算しなければならない。

たとえば「東京○○」というタイトルを見て「地元だ!」と思う東京都民はほとんどいない。「吉祥寺○○」「高円寺○○」といった特定地域に絞れば「地元だ!」と思われるだろうが、今度は人口が小さすぎて厳しい。「地元意識 × 人口」の積が最大になる地域はどこか、という問題になる。

この「地元意識」というのは主に「全国的知名度に対する自意識」で決まると言っていいだろう。東京都民1300万人の殆どは「東京のことは誰もが知っているだろう」と思っているため、たいへん地元意識が弱い。一方、埼玉県民700万人の殆どは「埼玉のことは誰も興味がないだろう」と思っているので地元意識が強い。地元ネタ業界で「困った時の埼玉」と言われる所以である。

では「横浜」はどうだろう。横浜市は人口300万人を超え、人口規模としては十分である。しかし問題は「地元意識」である。大抵の日本人は「横浜」というとテレビドラマでよく使われるみなとみらい周辺、海の見えるオシャレな地域を想像する。それは横浜市民も承知しているため、単に「横浜」といってもいまいち「地元感」が生じない。そういう意味で横浜は「埼玉」より「東京」に近く、地元ネタ商法に不向きの地域といえる。

そこで「横浜駅」である。「駅」の1文字を付けることで視点が内陸部に移り、「全国的知名度のあるベイエリア」の印象を払拭し、一気に「地元感」がだだ上がりするのである。このレトリックで横浜市内で圧倒的な売れ行きを出した、と自己分析している。問題はここからどうやって「翔んで埼玉」なみの全国的売上を出すかという事であるが、それはまた思いついてから。

 

 

コミカライズもやってるよ